キャッシングQ&A記事一覧

キャッシングの契約にはまずは審査があります。借金ですから、業者もも返してくれそうにない相手には貸したくないのです。が、本来は相手はお客さんです。できれば貸したいはずです。なので審査に落ちのはそれなりの理由があると考えましょう。つまり「返せそうにないとプロが判断した」ということです。また、この審査はその業者がそういった系統のところかで多少違う傾向があります。厳しいのは銀行系。緩いのは消費者金融系です...

キャッシングと一口に言っても様々な種類のサービスがあります。サービスと言っても基本的にはお金を融資して貰うことになりますので、同じサービスではあるのですが、それぞれのニーズにおいて細かく分類されていると考えて良いでしょう。キャッシングサービスを考える時に、まず大きな分類としては大口の融資になるか小口の融資になるのかの違いがあります。一般的に小口の融資とは50万円以下の融資を指しており、この小口融資...

キャッシングサービスを提供している会社の中でも、信販系と呼ばれるキャッシングがあります。この信販系と言うのは、クレジットカード会社と消費者金融が提携をして行っているキャッシングサービスになります。信販系キャッシングの大きなメリットとしては、返済や借入など利用できる拠点が多いと言うことです。日本全国のどこでも利用できるようになっており、コンビニや提携金融機関のATMやキャッシュディスペンサーなどを利...

キャッシングサービスを提供している会社には、様々な会社があります。ここでは、独立系と呼ばれるキャッシングサービスを解説していきましょう。独立系とはIT企業系とも呼ばれるキャッシングサービスです。簡単に書いてしまいますと、IT企業が行っているキャッシングサービスのことで、IT企業の強みをいかした特徴を持っています。特にインターネットを利用したサービスには定評があり、申込は24時間365日対応していま...

クレジットカードとキャッシング。どちらもカードを使って融資を受ける方法ですので、違いはないと考えている人も多いかもしれませんね。しかし、細かい点では違いがありますので解説していきましょう。クレジットカードとは基本的には買い物をする時に、現金を使うことなくショッピングをすることが出来るものです。クレジットカードを利用することでポイントがついたり、付帯サービスを利用することが出来たりするなどのメリット...

お金を借りる手段としてカードローンとキャッシングがありますが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?基本的に、カードローンとキャッシングのどちらも金融機関から融資を受けるといった意味での違いはありません。しかし、細かくみていくと異なる点もあるので解説してみましょう。ローンとなると教育ローンや住宅ローン、カーローンなどを思い浮かべる方も多いですよね。近年では各金融機関によって様々なローンが用意さ...

キャッシングを考える時に、いくつかのサービスがあります。いざと言う時には、便利に利用することが出来るサービスですが、多くの金融機関がキャッシングを行っていますので、どこのキャッシングサービスを利用するかを選ぶ必要があります。ここでは銀行系と呼ばれるキャッシングについて書いていきましょう。銀行系とは、いわゆるメガバンクや地方銀行などが提供しているキャッシングサービスのことです。銀行系の特徴としてはな...

キャッシングサービスを提供している金融機関は様々です。この金融機関の違いによって、大きく分類がなされています。ここでは専業系キャッシングに関して書いていきましょう。専業キャッシングとはどんな金融機関が提供しているキャッシングなのかと言いますと、字の通りに専業でキャッシングサービスを提供している会社のことを指します。つまり、消費者金融のことを専業系キャッシングと言います。消費者金融系キャッシングと言...

家計を預かる主婦も当然、キャッシングでお金を用立てる必要に迫られることはあるでしょう。「夫の給料日前になると、生活費が心細くなる」、あるいは「家のローンの支払いがあるのに、銀行口座の残高が足りない」。さらには「自分や家族のために、どうしても買いたいものがある」。かつては、主婦でも簡単にキャッシングの契約ができました。が、残念ながら金銭感覚がなかったり、社会性に問題のある人も多かったようです。多重債...

キャッシングというのは、従来の借金の形式とは色々と違います。まずは、お金の使い道は全く問題にされません。また、借りる度の審査もありません。最初に加入のための審査をし、それで設定された貸し出し限度額の範囲であれば、後はいつでも好きな時に借り出しできるのです。また、この返済が済まないうちでも、やはり限度額以内であれば、好きな時に追加で借りることもできます。きちんきちんと返済していれば、業者に交渉して、...

キャッシングを利用するうえで頭に入れておかないといけないことのひとつに、「総量規制」があります。これは2010年に新しく法律に採り入れられたルールです。「キャッシングなど無担保での借金をする場合、年収の3分の1を超えてはいけない」というものです。今もし、年収が600万円ならば、上限が200万円ということです。これは一つの業者からというのではなく、利用している業者全部の分をトータルして考えます。これ...

従来はお金を借りるなど、とても手間も時間もかかるものでした。審査には何日もかかり、書類も色々なものが必要でした。が、金融業者の中には、審査の早さをセールスポイントにするところが出てきました。お金の工面に一日二日を急いでいるような人もいるでしょうから、これは大いに魅力でしょう。また、「審査に通るかどうか」といったことで、イライラしながら待つ必要もなくなりました。中には「審査はほとんどその場で済む。店...

学生だって、「旅行したい」「バイクが欲しい」といったようなことでお金が必要になることはあるでしょう。あるいは、「就職に向けて資格を取っておきたい」「ダブルスクールのための授業料が必要」といった人もいるでしょう。親が出してくれる人はそれでいいかもしれません。また、バイトでもして先にお金を用意するのが大原則です。社会人になってからでは十分な時間が取れないでしょうから、「今のうちに」といったことはたくさ...

まず、キャッシング業者の広告を見ると、「年利8〜18パーセント」といったように出ているでしょう。なぜ、このように幅があるのでしょうか。これは審査の時にあなたの返済能力を考え、それに応じて変化するためです。この審査基準は業者ごとに違います。ですから、この年利のところと「7〜14パーセント」のところがあっても、どちらの方があなたにとって実際に安い金利になるかは分かりません。また、この金利には上限が決め...

キャッシングの審査では個人データをいくつも申告することになります。職業や勤務先は当然そのうちに含まれます。で、業者によっては、その職場に実際に電話をかけてきます。「これが心配で、キャッシングの申し込みがためらわれる」という人もいるようです。ある程度は分かる話です。「キャッシング」と言い換えられていますが、内容としては借金そのものです。職場の同僚や上司に「借金しないと生活できないやつ」「お金の管理が...

キャッシングの契約に行ったり、お金を借り出しに行くのはあまり人に見られたくないし、知られたくないですよね。「お金に困っている」という証拠ですものね。男性であろうが、女性であろうかそれは同じでしょう。が、女性の場合、何事にも慎重な人はより多いでしょうから、キャッシングへの抵抗感もより強いでしょう。幸い借り出す時の問題は、ここ最近ではかなり減ったのではないでしょうか。というのは、ATM&カードでたいて...

返せもしないお金は借りるものではありません。もし、そういう状況になりそうならば、お金の出入り全部、また、生活全部を見直すべきです。が、事前に予想もできなかったようなことに遭遇し、返済が難しくなることもあるでしょう。もし、返済が遅れそうならば、何はともあれ、キャッシング業者に連絡を入れましょう。おそらくは相談に乗ってくれるはずです。たとえば、「今回は金利分だけでOKです」とか「支払えるだけで結構です...

キャッシングでの金策が必要なのですから、当然お金に余裕のあるはずはないですよね。まず、どこかの業者と契約できてほっとしていても、「貸し出し限度額」というのがあります。貸してくれる目いっぱいの金額ですね。これが1社だけにしても、2社あるにしても、利用している額がこの限度に迫るようならば、考えることは二つです。まずは、「業者と掛け合って、この限度額をアップしてもらう」。もう一つは、「よその業者と新たに...

どうしても急ぎの金策をしなければならず、「新しくキャッシングの契約をして、それでお金を借りよう」なんて人もいるでしょう。そう考えた日が祝祭日に当たるようなこともあるでしょう。で、その祝祭日に手続きを済ませて、その日のうちにお金を手にすることができるのでしょうか。まず、条件として必要なのが、@「祝祭日であっても、自分の職場の在職確認ができる」です。業者は電話をかけて、申告された職場に本当に勤めている...

少し前まで多重債務で経済的に破たんする人がたくさんいました。これが社会問題になるぐらいに多くの人がそうなったのは、ひとつには消費者金融が余りに簡単にお金を貸し、しかも貸出金利が高かったせいでしょう。まず、消費者金融のお金の貸し方は無担保で、かつ保証人も不要です。勤務先や収入などの簡単なチェックがあるだけです。また、金利は法的な根拠の薄い出資法を無理に適用していました。貸出金額により、本来ならば年1...

海外に行くときは当然お金の用意は必要です。が、なるべくならば、現金を持ち歩きたくはないですよね。「治安が悪い」とは言われていないような国でも、たいていは日本よりは悪いはずです。日本は世界の中でも指折りの治安のいい国ですから。それで、まず用意するのはクレジットカードです。が、必ずしもクレジットカードが通用するお店ばかりではありません。現金が必要な場面も出てくるでしょう。ということで、海外でも通用する...

カードキャッシングで引き出すお金は、あくまで借りているものです。で、この業者には銀行系、信販系、消費者金融系があります。もっとも審査が甘く、契約も素早く済むのは、消費者金融系です。で、ここで「利用するのは、ちょっと怖い」と考える人がいても、おかしくはないでしょう。「消費者金融」とは、かつては「サラリーマン金融」とか、それを略して「サラ金」と呼ばれたところです。「とんでもない高利でお金を貸し、返済が...

「無審査でキャッシング」と言っている場合、二つのパターンがあるようです。ひとつは、いわゆる「ヤミ金」。お金を貸す方にしたら、返してくれるかどうかのチェックは欠かせないはずです。業者の側は、それをやらずに貸して、損をしない自信があるのですから、後でどういった取り立てに遭うか知れたものではありません。もう一つが、「クレジットカードを利用しての現金化」というやつです。堂々とやっているような業者もあって、...

今、盛んにテレビなどで、「過払い請求のご相談にのります」といった宣伝がされています。過去の消費者金融などを利用した経験のある人には気になるところでしょう。これを理解するにはまずは、「グレーゾーン金利」から理解する必要があります。まず、グレーゾーン金利とは貸金業法が改正される2010年まで存在したものです。つまり今現在はありません。それまで、消費者金融(サラリーマン金融)が採用している金利は二つの法...

消費者金融系のキャッシングのCMでは、必ずとってもいいほど、慎重な返済計画を呼び掛けています。「ご利用は計画的に」なんて聞いたことのある人も多いでしょう。が、この返済計画がなかなか難しいのも確かです。というのは、昔からあるローンと返済方法が違うのです。昔からあるのローンであれば、「借りたお金は何万円。利子をプラスして、月々何万ずつの何回払い」といった形でした。いつ払い終わるかは一目瞭然でした。が、...

まだキャッシングの契約はしていない、ほかの金策の当てもない……という状況の人は、すぐにでもキャッシングの審査を済ませてお金を手にしたいこともあるでしょう。で、ちゃんと手順さえ整えば、「ほとんどその場で」と言ってもいいぐらい素早く、お金を借り出せるようになります。ただし、どの手順で同じですが、「キャッシング業者以外で用意しなければならない書類さえ手元にあれば」という条件は付きます。この書類には運転免...

よく審査に通るかどうかを気にしている人たちが、「ブラックリストがあるから通らないかも」なんて話をしているのを聞いたことはありませんか?「自己破産をしたら、二度と借金ができない」というのも、「ブラックリストに名前が載って。それが金融業者に出回るからだ」なんてはなしになっています。が、これは正確に言えば、「信用情報」といいます。決して名簿形式になっていて、それが秘密裏に業者間で流布しているようなもので...

通常のローンの形の借金であれば、お金の使い道は最初に決まっています。家の購入資金だったり、車だったりです。で、借りたお金の額に応じて担保を取ります。あるいは、保証人も必要でしょう。当人が返済できなくなった時に代わって返済する人間です。当然、職業や収入から返済能力を計りもします。このようにお金を貸す金融業者にすれば、損をしないような形を確立してからお金を貸すことになります。一方消費者金融はこういった...

よくネット上の相談コーナーで「借金の返済は時効で逃げ切ることはできますか」なんて相談が見られます。決してお勧めするわけではありません。借りたものは返すのが人として当たり前のことです。が、システム上はどうなっているのかのお話はしてみましょう。まず、消費者金融からのものに限らず借金には時効が設けられています。いろいろな条件はつけられていますが、つまりは「この時期を過ぎれば返す義務はなくなる」というもの...

「消費者金融」とは少し前まで使われていた言葉でいうと、「サラリーマン金融」です。つまり「サラ金」です。銀行などの融資に比べると、審査が非常に短期間で済み、内容も甘めです。ですから、金策を急いでいる人。よそで融資を断られた人が頼るところとなっています。が、金利はかなり高めです。とくに2010年以前にはそうでした。いわゆるグレーゾーン金利があったのです。このため、消費者金融を利用して、その返済に行き詰...

キャッシングの場合は、不要ですが、ほかの形でお金を借りると、「保証人」や「連帯保証人」が必要になる場合があります。金策に走っているような人は、キャッシング以外の方法も探ってみるべきでしょうから、それらの基本的なことは知っておきましょう。あるいは、自分自身が「保証人」や「連帯保証人」のどちらかを依頼されることもあるでしょう。まず、保証人です。あなたがお金を借りた、返済が滞ったとします。業者が保証人に...

よく「借金の返済が滞ると、ブラックリストに載って、以後お金が借りられなくなる」といったことを言います。これはあまり正確な話ではありません。問題のある人が名簿になっているような一覧があるわけではありません。ただし、個人個人のお金を借りている状況や、過去の支払いの状況などのデータが金融業者間で共有されています。このデータのことを「信用情報」といいます。ですから、すでに収入に見合わないような多額の借金を...

キャッシングの返済方法で最も一般的なのはリボ払い(リボルビング払い)です。いくつかのやり方があります。まず最もシンプルなのは、毎月一定額を返していくものです。仮に「5万円」ならばずっと5万円です。キャッシングですから、貸し出し上限枠が決められていて、その枠内ならば返しきらないうちにまた借りることも自由です。ですから、返済の必要のある残高が50万円でも30万円でも100万円でも変わらず5万円です。ま...

消費者金融を野放しにしないための法律はいくつかあります。まずは利息制限法。これではキャッシングなどの貸出金利の上限は、10万円未満ならば20パーセント、100万円未満なら18パーセント、100万円以上なら15パーセントと決まっていました。が、大半の消費者金融はこれを無視。本来はキャッシングに適用されない「出資法」に決められた29.2パーセントギリギリの数値を設定していました。この差額分は「グレーゾ...

消費者金融はかつてはサラ金と呼ばれ、どんなたいていの業者がかなり、きわどい商売をしていたのは確かです。なので下手をすると、どれも危なく見えてしまうでしょう。法整備が進み、業界側でもイメージアップに努めた今は、だれでもが知っているような大手であれば、ちゃんとそのルールを知って使う分にはそれほど不安を持つ必要はないでしょう。が、一部には法律にも従わないような消費者金融が残っています。いわゆるヤミ金です...

キャッシングを申し込むのをためらう理由の一つに、「周りの人に知られたくない」というのがあるでしょう。キャッシングが必要になるからには、日ごろのお金のやりくりに困っているのは間違いのないところでしょう。どう考えても、周囲に知られて格好のいいことではないですよね。で、周囲に知られないためにクリアしなければならないのが、まずは「在籍確認」です。これは申告した職場に本当に勤務しているかどうかを確かめるため...